銀行系カードローンの特徴 消費者金融についての解説サイトです。

銀行系・信販系のカードローン

金融の色々なハテナを解消します

銀行系カードローンの特徴

プロミス、アイフル、アコム、武富士などの消費者金融業者のほかに、銀行や信販会社なども消費者金融の分野に参入しています。そこで銀行系、信販系カードローンの特徴を見ていきましょう。

低金利・高額借り入れが可能!

銀行系カードローンの特徴として挙げられるのは、融資額の上限が高いことです。これは消費者金融業者に比べ、資金力が高いことが原因だと思われます。
また銀行系カードローンは基本的に18%以内の金利になっていますが、消費者金融業者と比べると10%ほど低い金利になっています。融資額についても、銀行系は300万円を上限としているところが多く、消費者金融業者に比べ高い傾向にあたります。銀行系カードローンは高額を長期に渡って貸し出す、というスタンスが伺えます。
なお、消費者金融業者に比べると、世間体がよく、ネガティブなイメージを持つ人が少ないというのも特徴といえます。

有人支店がない

銀行系カードローンの使い勝手は、消費者金融業者のものとほとんど同じですが、大きく異なる部分があります。
たとえば有人支店。大手消費者金融業者は有人支店を全国各地に設置して、サービスの充実をはかっていますが、銀行系カードローンは有人支店を展開していません。どちらがいいというわけではありませんが、インターネットや自動契約機で申し込み手続きがおこなえますから、有人支店がなくても通常の利用には支障はないのではないでしょうか。

審査が厳しい?

低金利が魅力の銀行系カードローンですが、カード発行の審査は厳しいといわれています。これは審査方法の違いというより、金利設定の違いになります。低金利の場合はより長期間に渡る返済能力が重視されますから、おのずと審査基準が厳しくなってしまいます。消費者金融業者の多くは審査が甘い分、金利が高くなっているぶん、貸し倒れのリスクを金利に組み込んでいるわけです。
利用者にとって低金利というのは大きなメリットですから、多少審査が厳しくても、銀行系カードローンに申し込んでみる価値はありまし。はじめて消費者金融を利用する人なら、高確率でカードが発行されるはずですが、パート・アルバイトの人は難しいかもしれないでしょう。

金融の色々なハテナを解消します